ホットヨガで体内毒素を放出

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガで体内毒素を放出

ホットヨガで体内毒素を放出

ホットヨガの効果として、体内に蓄積された毒素を放出することができるという効果をあげることができます。これをデトックス効果といいますが、この効果により、ダイエットや老化防止などの恩恵を得ることができるようになります。

内臓脂肪を落とす効果も

なぜ、ホットヨガがダイエットや老化防止につながるのかというと、毒素が体内に蓄積された状態になっていると、痩せにくかったり、疲れやすかったり、肌荒れやニキビができやすかったり、女性の場合で言えば生理不順が起こりやすくなったりするので、これを解消することができるということで、痩せやすくなったり、肌もきれいになるということがいえます。
そこで、ホットヨガは具体的にどのように行うのかというと、高い室温の部屋でヨガのポーズを取りながら、呼吸法や姿勢などを整えていくということが基本となります。室内の環境としては、室温38度以上、湿度65パーセント以上の環境で行いますから、かなり暖かい場所で行うことになります。またヨガのポーズに関しては、通常のヨガのポーズに加えて、ホットヨガ用の数十種類のポーズを組み合わせていきます。
特に、呼吸法を正しく行うことによって、インナーマッスルを鍛えることができるので、体の表面にある脂肪だけではなく、内臓脂肪も落とす効果を得ることができます。

ホットヨガは無理なく続けられます

このような状態を続けていくと、当然ながら全身から汗をかきます。この汗は、皮脂腺と呼ばれる部分から分泌される汗であり、通常の汗腺から分泌される汗とは異なります。皮脂腺から分泌される汗の成分の中には、老廃物を含んでいますから、毛穴につまった汚れとか、体内に蓄積された毒素が汗とともに排出されることになります。
さらに、室温が高いので、筋肉の働きが活発になり、脂肪が燃えやすくなります。人によっては、汗をかくから痩せるというイメージが強いかもしれませんが、実際には脂肪が燃えて痩せるということになります。もちろん水分も排出されることになりますから、むくみなどの解消にも効果的です。
このようなホットヨガは、通常の運動と違って、無理に頑張る必要はなく、リラックスして行うことができるので、誰でも継続していくことができます。また、身体面だけではなく、呼吸法や姿勢なども意識するので、精神的な安定にも効果をもたらすということがいえます。ホットヨガにおける効果は、1か月くらいでその兆候が現れるといわれていますから、モチベーションという意味でも続けやすいということがいえるでしょう。