ホットヨガについてと体験レッスンについて

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガについてと体験レッスンについて

ホットヨガについてと体験レッスンについて

通常のヨガとホットヨガの違いについて



通常のヨガとホットヨガでは何が主に違うのかについて説明をします。まず、明らかに違うところは、ヨガを行う環境についてです。通常のヨガと言うのは、ポーズさえ覚えてしまえばどんなスペースでも行うことができますが、ホットヨガの場合は暖かい室内で行います。室温が38度、湿度が65%の環境で行うヨガについてことを言うので、専用のスタジオを持っていないと効果を得られることができないという違いがあります。

しかし、単に違うことは温度だけではなく、何といっても汗の量が全然違います。また、汗の質に関しても大きく異なります。運動をした時に出る汗と言うのは、汗腺から出てきますが、サウナや半身浴で出てくる汗は皮脂腺から出てきます。通常のヨガに見られる汗は、基本的には運動から出る汗腺になりますが、ホットヨガから出る汗は皮脂腺になります。これはどういうことかと言うと、汗腺から出る汗と言うのは水分が出てくるだけとなりますが、皮脂腺から出てくる汗は、水分以外にも毒素を出すことができます。これをいわゆるデトックス効果と言います。代謝も上がるので、とても効果的になります。



次に体を柔らかくできるという点ですが、これはどちらのヨガでも柔らかくなります。しかし、ヨガと言うのは体が硬い人にとっては難しいポーズが多いので、場合によっては無理をして筋肉を傷めてしまう可能性もありますが、室内が高温の状態で行うことによって、身体を芯から温めることができます。温まることによってポーズがしやすくなり、より安全に体を柔らかくすることができます。体が元々柔らかい人にとっては意味のないことかもしれませんが、固いという人は、ホットヨガから始めてみると安全にポーズをとることができます。



このように、通常のヨガとホットヨガでは一緒ではなく、ポーズを取ることが一緒と言うことであって、全くの別物になります。



ホットヨガでたくさんの効果を得ることができる



ホットヨガを実践することによって、様々な効果を得ることができます。ヨガをする方は、女性が多いとも言われていますが、実は男性も実践しているという方が多くなってきています。今では世界中で大注目のエクササイズとなっています。実践することで得られる効果とはどういったものでしょうか。

まずは多くの方が知っていることですが、ダイエット効果が期待できます。ホットヨガは大体1時間ポーズを取るだけで、個人差はありますが300キロカロリーから500キロカロリーの消費を期待することができます。ジョギングに例えると、一時間走った時と同じくらいの消費量になります。軽めに走ると言っても、1時間ジョギングをすることは大変です。



さらに、身体を芯から温めることができるので、自然に脂肪を燃やすことができます。継続して続けることで、インナーマッスルを鍛えることができます。全体の筋力も向上し、基礎代謝を上げることが期待できます。これによって、ダイエット効果を得ることができます。

次にストレス解消効果も期待できます。なぜストレスが解消されるのかと言うと、普段の生活ではやらないようなポーズを取ることになるので、普段使っていない筋肉を動かすことで、高いストレッチ効果があります。体全体をしっかりと伸ばすことができ、それによって爽快感もあるので、ストレス解消につながるのです。また、心地よいレベルの疲労感を感じることができるので、ぐっすりと睡眠もとることができます。運動不足は、知らず知らずのうちにあらゆるストレスにつながりますので、ホットヨガを通じてストレスを解消しましょう。



ホットヨガの体験レッスンを活用しよう



ホットヨガをすると決めたときにはどこのスタジオに通おうか決めることとなりますが、一発で決めることはせず、まずは体験レッスンに通ってみると、後々後悔をすることはなくなります。納得のいくレッスンを受けるためにも、まずは体験レッスンを行っているところに足を運ぶことが重要です。そこで、最後に体験レッスンを受けるにあたってのお役立ち情報を紹介します。



まず、ホットヨガは通常のヨガと違い、汗を大量にかくので、着替えなど事前準備をする必要があります。また、様々なポーズを取りますので、動きやすい服装である必要があります。ヨガといえば、身体にフィットした服を想像されている方もいるかもしれませんが、身体を締め付けるということはホットヨガでは良くないとされているため、基本的にはゆったりとした服装が良いと言われています。

また、汗を大量にかくので、汗をかいても大丈夫な素材を用意するようにします。せっかくヨガを体験するのに、服装の面で不快に思ってしまったら続きませんので、まずは準備段階をしっかりとするようにしましょう。しかし、体験の段階で本格的なウェアを準備するのは大変かと思いますので、初めはTシャツやタンクトップのような服装に短パンと言うような服装でも全く問題ないです。ご自身の動きやすい服装で実践をするということが大切です。