ホットヨガの体験レッスンを受けるときの持ち物

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガの体験レッスンを受けるときの持ち物

ホットヨガの体験レッスンを受けるときの持ち物

ホットヨガは室温38℃、湿度65%ほどの環境の中でヨガを行います。普段からウォーキングなどの運動をしていても、こうした状態の中で体を動かすことはめったにありません。そのため、いきなりホットヨガのレッスンに通うことになっても続けられるか心配だという方も多いのではないでしょうか。このような場合は、まずは体験レッスンを受けてみて、ホットヨガの感覚を実際に試してみてくだい。

体験レッスンに必要な持ち物

体験レッスンをするときの持ち物ですが、ヨガを行う時の動きやすい服、水などの飲み物、下着などの着替え、バスタオル、身分証明証などがあります。身分証明証は体験レッスンの受付時に必要になるため、忘れずに持参してください。また、体験レッスンでは仕事帰りなどに気軽に試せるように、ヨガウエアやバスタオルのレンタルを行っていることもあります。

汗をかくことで得られる効果

ホットヨガの体験レッスンでは、大量に汗をかきます。体温より高い温度の中で体を動かすので、発汗作用を促してデトックス効果がさらに高まります。もともとヨガの動きや呼吸の方法などには代謝を上げる働きがあり、脂肪燃焼効果を高めてくれます。ホットヨガでは温度と湿度を上げることにより、この働きをさらに活性化して普段あまり汗をかかない人でも汗をかきやすくなります。こうして体内にたまっていた老廃物や水分なども排出されるためむくみなどが解消され、体が温まることで血行が良くなり冷え性などの改善につながります。

水分補給と食事のタイミング

ただ、汗をかくことで体の中の水分が失われてしまい、軽い脱水症状になってしまうことがあります。汗と一緒に塩分などのミネラルも排出されるため、ホットヨガを体験するときはこまめに水分をとるようにしてください。水分はミネラルウォーターや体液に近いスポーツドリンクを摂取が最適になり、運動中になくならないように1リットル以上は用意しておきます。たっぷりと汗をかいた後はシャワーでさっぱりしてから帰宅できます。ペーパーショーツやシャンプーなどはヨガスタジオで販売されているので、持ち物を忘れてしまったときでも安心して利用できます。
ヨガのレッスンを受ける時には、運動を開始する2時間ほど前までに食事は済ませておくようにします。体を動かすためにはエネルギーが必要になるので運動前につい食べてしまいますが、直前に食事を取ってしまうと動きづらくなったり気分が悪くなることもあります。ただし空腹すぎて動きが悪くなるのもよくないので、レッスン前におなかがすいた時には、消化・吸収のよいものを口にしてください。