ホットヨガの医学的効果とは

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガの医学的効果とは

ホットヨガの医学的効果とは

ホットヨガとは、温度や湿度を管理した空間でポーズを行うヨガです。具体的には、室温が39度前後、湿度を60パーセント前後に保っています。この室温は身体を一番柔軟にするとされている室温で、より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことが出来、更に発汗作用が高いことが特徴です。O&LUBIEのスーパーホットヨガも室温38℃湿度65%を保った空間でヨガを行います。また、激しすぎる動きは、汗をかきすぎて脱水症状を起こしてしまう可能性がある為、基本的には呼吸法とストレッチをメインにし、通常のヨガのようにポーズや動きが多様化していないことも特徴としてあります。

デトックスやダイエットに効果的

そんなホットヨガは、発汗作用がある為、デトックスやダイエットに最適だとされています。
しかし、効果はそれだけではありません。その他にも医学的な効果がいくつか証明されています。
まずは、新陳代謝が活発になること、そして免疫力の向上、更には消化器系や循環器系、関節系、皮膚、神経系の病気に対しても効果があることが実証されており、美容面だけでなく、健康面でも非常に効果の高いヨガだということが分かります。
具体的な例としては、ホットヨガを始めたことにより、慢性的な便秘が治ったという人が多く見られます。これは、消化器系に長年抱えていた問題がヨガによって解消されたことによって現れた効果です。ホットヨガというとどうしてもダイエットの側面ばかりが注目されがちですが、ダイエットだけでなく健康面でも非常に効果の高いヨガであり、便秘や肌トラブルや肩こり、腰痛などのトラブルを抱えている方にとっても、良い解決方法となります。

ホットヨガを行うにあたって注意すべき点

そんな効果が高いのであれば、とホットヨガに新たに挑戦しようとする方にいくつか注意点があります。まず一つ目が体調が優れない時に無理に挑戦しないことです。見た目以上にハードなものなので、コンディションを整えて取り組むことが大切です。特に今まで通常のヨガもされたことがない方にとってはかなりハードな運動になることが予想されます。ポーズが出来なかった場合も、無理はせず出来るものだけ取り組みましょう。次にヨガをしている最中の水分補給です。必ず水分を用意し、こまめに飲みましょう。喉が渇いたまま我慢して続けていると脱水症状に陥る可能性があります。周りは気にせず、自分のペースで水分補給することを忘れないようにしましょう。
ホットヨガは、近年注目が高まり、多くのヨガスタジオで実施されています。どんなヨガなのか、どのような効果があるのか、そして行う際の注意点をしっかり頭に入れて取り組みましょう。