ホットヨガの豆知識と産後について

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガの豆知識と産後について

ホットヨガの豆知識と産後について

ホットヨガの効果



ホットヨガを生活の中に取り入れて効果を得ようと考えている方も多くいるのではないでしょうか。ホットヨガはさまざまなメディアで取り上げられており、また、このヨガを多くの方に体験してもらうために教室を運営しているところもあります。このホットヨガで得られる効果は大まかに分けて四つあります。

一つ目は無理せずにダイエットができる点です。ダイエットをする際に過度な食事制限でダイエットを行う方がいますが、過度な食事制限をする場合、身体に悪影響を及ぼす場合があります。また、筋力トレーニングで痩せる場合、無駄な筋肉が付いてしまうので逆に太って見える場合もあります。しかし、ホットヨガを活用することによってデトックス効果を得ることができるので、体内の水分や毒素を外に排出することができます。それによってダイエットの効果が得られるケースもあります。また、ホットヨガを行うと、インナーマッスルも鍛えることができるので、代謝を上げて、太りにくいしなやかな身体作りをすることも可能です。つまりリバウンドを防止できます。

二つ目は冷え性です。冷え性で悩んでいる方は多くいます。特に女性の場合は熱を作り出す筋肉が少なくなっているので、特に女性で悩んでいる方が多くなっています。しかし、この冷え性に関しても改善することが可能です。ホットヨガをすることで血行と代謝を促進して、その結果冷え性の改善につながるのです。

三つ目はむくみの改善効果です。デスクワークをしている方の場合、足がむくんでしまうことがありますが、ホットヨガではリンパの流れや血行を良くすることができるので、むくみの改善やむくみを防止することも可能です。

四つ目は肩こりの解消です。冷え性と同様に肩こりの悩みを持っている方はとても多くいます。特に現代では運動不足になっている方も多いので、運動不足が肩こりを促進させてしまっている場合もあります。しかし、ホットヨガを生活の中に取り入れることによって全身の血流が促進されるので、肩こりを解消する効果があります。このように生活の中に取り入れることによって多くの健康効果をもたらしてくれます。



産後のホットヨガの注意点



出産後はホットヨガをすることによってダイエット効果が期待できます。産後は人によりますが、太ってしまっている場合が多くなります。子供がお腹にいる時は子供の栄養もしっかりと摂らなければならないので、太りやすくなってしまう場合があります。そのため、産後にホットヨガをする方が多くいます。健康効果をもたらしてくれるだけでなく、ダイエット効果などもあるので、積極的に取り入れられています。

しかし、産後は通常の身体とは異なり、抵抗力が弱くなっており、特に妊娠中に運動をしていない方の場合は注意が必要です。そのため、産後はなるべく無理をせずに行う必要があります。産後ダイエットは出産後早く始めると、その分だけ効果が出ると言われていますが、徐々に行う必要があります。もちろん体調の悪い時などはなるべく休んでおいたほうが良いでしょう。

その他にも、入浴前後は行わないようにしましょう。産後の方にもよりますが、お産は身体に負担がかかるものなので、産後であっても入浴直後や直前に行うと心臓に負担がかかってしまう場合があります。そのため、なるべくこのタイミングを避けて行う必要があります。

また、食後に行うのは内蔵を痛めてしまう場合があるので、特に産後の場合はなるべく食後はゆっくりと過ごす必要があります。このように、産後にダイエットを目的として行うホットヨガは、効果を得ることができますが、状況によっては注意が必要な場合がありますので、行うタイミングに気を付けて無理はしないように、上手に取り入れていきましょう。人によっては医師に相談するなどの対策も必要です。



ホットヨガをするための教室の選び方



ホットヨガは通常のヨガとは異なります。基本的には高温多湿の環境で行われるので自宅で行うのは困難な場合があるため、多くの方が教室に通って行っています。現在では、このサービスを提供するために多くの教室があります。都内ではもちろんのこと地方でもこのようなサービスを提供してくれるところもあります。そのため、どのような教室に通えば良いのか選択に躊躇する人もいるでしょう。教室選びをする際のポイントは三つあります。

一つ目は体験教室を行っているところを探しましょう。体験教室に参加すると、インストラクターとの相性を確認することができ、どのような方が教室に通っているのかを把握することができるます。そのため、事前に体験をしてその教室の環境をしっかりと確かめておく必要があります。

二つ目はサポート体制が充実しているかどうかです。

そして、三つ目は営業日についてです。人によっては通える曜日と休業日が重なってしまうこともありますので、自分の通いやすい教室を選択すると効率的にホットヨガをすることができます。