ホットヨガを取り巻く状況と利用の詳細、メリット

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガを取り巻く状況と利用の詳細、メリット

ホットヨガを取り巻く状況と利用の詳細、メリット

ホットヨガの歴史


ホットヨガは、美容や健康に効果があると言われており、日本のヨガ人口は年々増えてきています。ホットヨガとは、室温39度前後かつ湿度60パーセント前後に保たれた室内で行われているヨガのことで、体の柔軟さと発汗を促す目的でこのような環境にしています。ヨガの歴史を紐解いてみると、今から約4500年前(紀元前2500年)頃にインド地方にあったインダス文明が起源とされ、モヘンジョダロ遺跡からヨガの座法で瞑想しているような姿が彫られた印章が発掘されています。この時代から何かの修行法が存在しており、その後さまざまな宗教の修行法として取り入られ、さまざまな人によって伝えられ、いろいろな種類のヨガが生まれています。
現代に受け継がれたヨガは、多様なポーズ、呼吸法、瞑想との組み合わせ、心と身体の緊張をほぐし身体と精神のバランスを整えるものとなり、多くの人々から支持されています。ホットヨガの発祥は日本と言われております。考案者であるビクラム・チョードリー氏はインドの出身ですが、1970年頃に東京に来日して、講師をしていた時にインドとは異なる冬の寒さの中で思うようにポーズがとれないでいたところ、ストーブで部屋を暖めてヨガをしたのがきっかけとなり、これがホットヨガの原型となったと言われています。
暖房器具を使用すると筋肉や関節がとてもほぐれるこのホットヨガをもとにビクラム・チョードリー氏が研究した結果、室温40度、湿度55パーセントの室内環境と、その環境下で行う2種類の呼吸法、26種類のポーズの組み合わせ「ビクラムヨガ」も編み出しました。その後インドで何校か開かれ、世界中に発信していき、特にセレブな女性たちの間でブームになり全米や日本で愛好者が増えていきました。

得られる効果とは


ヨガの中でも、若い女性を中心に注目されているのがホットヨガです。利用した事が一度もない方にとって、どのような効果が得られるのかが気になるポイントではないでしょうか。室温の高い環境で行われるもので、ダイエット効果や骨盤矯正のほか、むくみの解消やアンチエイジング、さらには冷え性を改善することにも期待できます。利用される目的は様々ですが、その中でもダイエットのためにされることは少なくありません。専門的なヨガをインストラクターの元で行われると、デトックス効果を得られ、体内にある毒素を排出しつつ、インナーマッスルを鍛えるのにつながります。加えて、代謝を促進して太りづらい体に仕上げることにも効果が期待できるため、単に痩せるだけではなく、スタイルの維持にも役立つメリットがあります。
また、ホットヨガは働く女性にも高い人気があります。長時間同じ姿勢で座って作業をするデスクワークや立ち仕事など、運動不足になりやすい環境では足のむくみの症状が著しくみられる場合があります。このような運動不足、そして冷えにつながる原因はむくみを起こしやすいため、ヨガにてリンパの流れを良くすると改善に期待できます。定期的に行っていると、むくみが起こりづらい体質にも変化していくため、今だけではなく今後の自分の体のためにも、様々なメリットがあるといえるでしょう。痩せたりむくみの改善だったりするだけではなく、単に体を動かしたいという運動不足解消を目的とする利用方法でも問題ありません。健康のためにも、定期的にヨガを行ってみるのも良いかもしれません。

通常のヨガとの違い


一般的に行われる通常のヨガと、ホットヨガの違いは何なのかと気になる方はいると思います。通常のヨガとは異なり、室温が約39度かつ湿度が約60パーセントに保たれた環境で行うものです。この室温と湿度に調整されているのは、柔軟に体を動きやすく、さらに発汗を促しやすい状態にすることを目的としています。もともとヨガは筋肉を伸ばし、普段はあまり使うことのないインナーマッスルを鍛える事が行われます。それを室温と湿度を共に一定値に調整して行うことで、始めた段階から柔軟に筋肉を動きやすい状態にし、効率的な運動が行える様になります。また、体温が上昇しやすい環境に設定して行うことで、有酸素運動の効率化を図っているのです。そのため、汗をかきやすい運動であることから水分補給を定期的に行うのが必要と言えます。
通常のヨガとホットヨガを比較すると、動きの種類に関しては通常のヨガより少ない傾向にあります。あまりにも激しく動くポーズを取り入れてしまうと、体が脱水症状を起こす心配があり、これまで以上に水分補給をしなければなりませんので、比較的動きの少ないものが行われます。
呼吸法として使われるのは腹式呼吸と胸式呼吸の二種類です。胸式呼吸は交感神経を刺激する特徴があるため、ポーズをとる時、筋肉を鍛えたい時に使われます。そして腹式呼吸は体の緊張をときほぐす特徴があり、クールダウンするときや、最後に瞑想を行う際などに使われます。デトックス効果を高く期待できるヨガの種類で、ダイエットや健康のためなど、様々な目的で行われます。それらの目的以外にも、体を動かしたい、汗をかきたいという場合には、レッスンを受けてみるのも良いかもしれません。