ホットヨガスタジオでヨガを体験しよう

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガスタジオでヨガを体験しよう

ホットヨガスタジオでヨガを体験しよう

ホットヨガスタジオに通う前に知っておくべきマメ知識



ホットヨガは通常のヨガと違い、室温や湿度が高い環境で行うので、ある程度のことは注意して通う必要があります。通い始めてから知るよりも通い始める前に知っておいた方が良い知識がありますので、今回は通う前に知っておくべき豆知識について紹介をします。

まず初めに、水分補給が大切な事を知っておこうということです。ホットヨガスタジオは、通常のヨガスタジオと違い、温度などが高くなっているので、大量の汗をかいてヨガをすることになります。かきたくなくても大量の汗が出てくるということは知っておいた方が良いです。汗が大量に出るということは、水分補給が大切になります。そこで気をつけるポイントは、ダイエットのためだからと言って水分を控えるということです。控えることによって、脱水症状などあらゆる危険性がありますので、水分は必ず飲むことが重要となってきます。なので、基本的にホットヨガをするという場合には1リットル以上の水分を持っていくようにすると安心です。



次に重要なポイントは無理は禁物ということです。高温多湿で行うホットヨガと言うのは、始めた瞬間に慣れるというようなことは少なく、基本的には慣れるまでに時間がかかります。慣れないうちは気分が悪くなったりする可能性もありますので、その場合は無理をせずに途中退出することが大切です。気分が悪くなるようなことは恥ずかしいことではありませんので、我慢はせずに無理と思った場合は気軽に申し出るようにしましょう。基本的にはインストラクターの方が無理はしないということは教えてくれるので、インストラクターの方の話はしっかりと聞くようにすると安心です。



そして、体調が優れないという日もあるかと思いますので、体調が悪い日はレッスンを休むようにします。調子が悪い中で高温多湿の場所に通うのは危険ですので、我慢はせずに、諦める気持ちも持つようにすることが重要です。特に人気のあるホットヨガスタジオに関してはキャンセルをすると予約が取れなくなると思いがちですが、体調が第一となりますので、無理は禁物です。

このように、ホットヨガスタジオに本格的に通うという前にこれらの情報を知っておくことが大切です。注意すべきポイントはしっかりと守って、効果を得るようにしましょう。



ホットヨガスタジオに通う時の持ち物



通いたいホットヨガスタジオが決まったら、必要な持ち物を用意する必要があります。

まず一つ目に必要になるものが水分になります。ホットヨガを本格的に始めるという場合は、最低でも1リットル以上の水分は持っていくことが大切です。ヨガでは大量の汗をかきますので、体調を崩さないためにも水分補給は大切になります。二つ目はタオルの準備です。レッスン中は汗をかきますので、それ用のタオルを用意します。汗をかいたらしっかりと拭き取ることも重要になります。また、レッスン後にはシャワーを浴びることがあるかと思いますが、それに使用するバスタオルも持っていくと便利です。

三つ目に必要なものは着替えの下着も忘れないようにします。思っている以上に汗をかきますので、ウェアから下着までびしょびしょになってしまいます。濡れている状態で帰宅するのも気持ち悪いですし、匂いも気になると思いますので、下着の着替えは忘れないようにします。

四つ目に必要なものは動きやすいウェアです。動きやすい服装を用意するのはホットヨガを実践するにあたって重要になってくるので、動きやすくゆったりとした服装を用意すると便利です。



最低限これらの物を用意しておくことで、問題はないと思います。その他に必要になってくるものはインストラクターの方に聞くと教えてくれます。



ホットヨガスタジオに通う頻度



ホットヨガを始めようと思っている方は今ではたくさんの方がいるかと思いますが、実際にどれだけの日数を通うことが効果的なのでしょうか。通う頻度について疑問を持たれている方も多いと思いますので、最後に頻度について紹介をします。



例えば、フィットネスクラブのような筋トレをする場合だと、筋肉を休ませないといけないため、毎日通い続けることはあまりよくないとされています。しかし、ホットヨガの場合にはインナーマッスルと言う内側の筋肉を鍛えることになるので、筋肉に過度な負担がかかることはないと言われています。そのため、毎日続けても問題はないとされています。しかし、無理をして毎日続けるのは危険なので、自分のペースに合わせることが重要です。



では、具体的にどのくらいのペースが良いのかと言うと、効果的なペースは週に2~3日くらいホットヨガスタジオに通うことが効果的だと言われています。また、忙しいという方は週に1日だけだったとしても体調を整えるためには効果的になります。効果的に行うためにはまずは少ない日数でも継続して続けることが大切です。