ホットヨガ体験で毒素を排出する

ホットヨガスタジオ オーTOP > コラム > ホットヨガ体験で毒素を排出する

ホットヨガ体験で毒素を排出する

ホットヨガとは、室温40度前後、湿度55%前後という高温多湿の環境の中でポーズを行うヨガのスタイルのことです。O&LUBIEのスーパーホットヨガも室温38℃湿度65%を保った空間でヨガを行います。そして、その最大の特徴は、大量に発汗することで、体内の毒素を排出できるということと、血行と代謝を促進できるということです。

ホットヨガの効果

ホットヨガのすぐれたデトックス(解毒)作用により、肌を美しくする効果、さらに、むくみ・冷え症・エイジングといった様々な体のトラブルへの効果が期待出来ます。ヨガのポーズを行うことにより、体のゆがみ改善が改善され、しなやかで引き締まった体になれます。体験者からは、肩こりや腰痛、生理痛などの体の痛みがなくなったといった声や、冷え症が改善されたという声、ストレスフリーになったという声がたくさん上がっています。
このように、心にも体にもとても効果のあるホットヨガですが、もうひとつ大きな特徴があります。それは、これまでヨガをしたことがないという人でも、比較的簡単にポーズを取ることができるということ。なぜなら、高温多湿の環境で運動することにより、体温上昇が早くなり、通常よりも体を柔らかく動かすことができるからです。健康や美容のためにこれからヨガを始めようと思う人は、まずホットヨガから体験してみるのもいいかもしれません。

スタジオ選びは慎重に

もし、ホットヨガの体験をしてみたいと思った際、注意したいポイントがあります。それは、スタジオの選び方です。インストラクターやスタジオの雰囲気ももちろん大切ですが、もっと気にしたいのは、温度と湿度が何度(何%)に設定されているか、ということ。理想的な温度は38度、湿度は65%だとされています。38度というのは、室内に入るだけでも体の凝りや緊張が緩む快適な温度。そして、65%というのは、ただ座っているだけでも発汗が促される湿度なのです。この数字に近い温度と湿度を採用しているスタジオを選ぶと、より効率的にダイエットができるでしょう。
そして、スタジオが決まったら、スタジオに予約を入れましょう。レッスンは予約制のところがほとんどです。事前に予約してから参加するようにしましょう。また、レッスンでは予想以上に大量の汗をかくので、水とタオル、替えの下着の準備は絶対に必要です。多くのスタジオでは、水は1リットル以上持参するようにとしています。スタジオで販売しているところも多いようです。レッスン中は、意識して積極的に水分補給をするようにしましょう。脱水症状には十分注意が必要です。